目的を達成するための江村鍼灸院

このブログは、目的を達成するための知と実践について書いています。

目的達成のための武道の眼

こんにちは!江村鍼灸院の江村です(^^)

 

今回は目的を達成するための武道の眼について書きます。

 

○眼の働き

 

眼は意識の流れをつくります。

 

ひとは見ている所へ意識が集中します。

 

そして意識が集中した所に流れが生じます。

 

道を歩く時、進む先を意識しそこへ向かい歩きます。

 

この時、スマートフォンの画面を見ながら歩き、画面に意識が集中してしまうと、向かう方向への流れは滞り、ひとにぶつかったり、段差につまずいたりします。

 

前から歩いて来たひとをお互いに避けようとしてぶつかりそうになるのは、相手を見てしまうことによって、進む流れが相手で滞るからです。

 

車の運転でも意識が進むべき方向に向いていれば安心ですが、気になるお店や素敵な異性に気を取られていると、事故を起こしやすくなります。


眼の働きは重要です。

 

ひとは五感と頭の中のイメージで世界を捉えます。

 

その中でも視覚は8~9割を占めています。

 

ですので、見ている場所や物、そしてひとが今の自分の意識の8~9割だということです。

 

意識が集中した所へエネルギーは流れます。


○武道における眼

 

迫撃(組手)で相手を見てしまうと、意識は今の相手に集中します。

 

しかし、今だと意識している時間は実際の時間より少しだけ(ゼロコンマ)遅れた時間です。

 

そのため相手を見て、今の相手を捉えてしまうと、少しだけ遅れることになります。

 

そうなると反応するためには、優れた反射神経が必要になります。

 

反射神経を鍛える稽古や、動きを予測する稽古(洞察力や読みの力)が必要になります。

 

しかし反射神経は速度なので、相手がさらに速ければ遅れることになります。

 

動きを予測して相手を読もうとしても、あくまでこう動くのではないか?という推察であり、先に起こる事実ではありません。


この時、眼の働きを知りコントロールすることで、相手の未来を先に捉えることができます。

 

これは推察ではなく、事実を捉えます。

 

そして、相手の未来を先に捉えるのと同時に、自分の未来も捉えることができます。

 

眼の力は、自分と相手のゴール(未来)をつくり出すことができます。

 

眼の力で瞬間瞬間のゴールをつくって、呼吸と姿勢でそれを実行します。

 

相手が速度的な速さを出そうとしても、自分は先にゴールしているので、時間的な早さで先が取れます。

 

眼は自分と相手の意識を教えてくれます。

 

武道の稽古には、眼の働きを知りコントロールすることで、早さを産み出す体系が組み込まれています。


眼によってゴールに辿り着き、呼吸と姿勢によって実際にそこに運ぶのです。

 


このことを僕は空手の型から学びました。

 

この教えは武道だけではなく、人生のあらゆる場面でも同じです。

 

成し遂げたいことや達成したいことがあるなら、達成した自分を眼の力でクリエイトします。

 

達成した自分が先にクリエイトされているので、今が動きだします。
 

成し遂げたい、達成したいことがあるから、今を変えるのではありません。

 

先(未来)が決まるから、今が変わるのです。

 

◯江村鍼灸院へのご案内

 

江村鍼灸院ホームページ↓
江村鍼灸院

 

江村鍼灸院LINE↓
LINE Add Friend

 

江村鍼灸Twitter
江村鍼灸院 (@emurask0417) | Twitter

 

江村鍼灸院アクセス↓
Google マップ

 

江村鍼灸院アクセス動画↓
【鍼灸治療】アクセス 大阪市北区天神橋 江村鍼灸治療院 - YouTube

 

営業時間 10:00〜23:00
予約受付 10:00〜19:00
日曜休診
※日曜日、時間外、相談可能

 

TEL 0668096384

 

住所 大阪府大阪市北区天神橋2丁目5-26ギャラリービル501

 

(最寄り駅) 地下鉄堺筋線 南森町 JR東西線 大阪天満宮

 

f:id:emurask0417:20170713232211j:image