夢を目的に変えて達成していく active studio大阪 南森町 江村鍼灸治療院

目的を達成するための知識を学ぶのではなく、感覚を身につけるACTIVE-STUDIO 江村鍼灸治療院の紹介です。

ナイファンチン・ナイハンチの初動で原理原則の確認〈武道・武術〉

こんにちは江村鍼灸治療院の江村です(^^)

 

◯目的を達成するために身につける感覚

 

江村鍼灸治療院では目的を達成していく感覚をエクササイズで指導しています。

 

エクササイズの元になっているのは武道・武術の教えです。

 

ご来院いただいている方には、姿勢のワーク、呼吸のワーク、眼・意識のワークとして組み立て指導しています。

 

もともとは武道・武術の教えなので、武道・武術に興味を持っている、または現在もされていてご来院いただいている方に『型からはどのように学んだのか?』という質問を受けることがあります。

 

今回はそのことにお答えしたいと思います。

 

〈ナイファンチン・ナイハンチ〉初動の原理検証 #型 #姿勢 #呼吸 #意識 - YouTube

 

まず武道・武術の型は原理原則を教えてくれる教科書のようなものです。

 

例えば1+1=2という公式を教えてくれています。

 

しかし型では1+1=2ですが、実戦で型を活かすにはx+y=3であったり、1+z=8だったりします。

 

ここで大切なのは+という原理原則を理解できているかどうか?です。

 

理解できていれば、○+△=10の○と△を自由に決めることができます。

 

◯大切なのはストーリーの原則を知ること

 

あるストーリーの話をする時に、助さん、格さん、印籠と聞けば、水戸黄門を思い浮かべるのではないてしょうか?

 

思い浮かべてしまうのは助さん、格さん、印籠が水戸黄門の原則の一部だからです。

 

でも水戸黄門の作中に助さんがいない、格さんがいない、印籠がでてこないとなると、タイトルが水戸黄門なだけで、水戸黄門なのか?となると思います。

 

仮面ライダーならば、ショッカーがでてきて悪いことをする。

 

それを仮面ライダーが必殺技のライダーキックでやっつける。

 

これが仮面ライダー1号の原則です。

 

ショッカーがでてこない、ライダー役の主人公が可愛い女の子と恋をして変身しない。

 

これもやはりタイトルに仮面ライダーとついているだけで、仮面ライダーと認めてもらえません。

 

武道・武術の型も実は同じです。

 

原理と原則を集約した一つのストーリーです。

 

空手の型なら三戦(サンチン)や内進歩(ナイファンチン)とさまざまな型があります。

 

型の名前や動作は違いますが、これは水戸黄門だよ!もしくは仮面ライダーだよ!という具合にこれが空手だよ!という原理原則を教えてくれています。

 

ただちょっと味付けが違って、悪代官や越後屋、蜘蛛男やイカデビルが登場してくるのです。

 

型の原理原則が姿勢であり、呼吸であり、眼・意識なのです。

 

僕はそのことを型から学んだのです。

 

姿勢は影響力(共感)です。

 

呼吸は調和(ムスビや繋がり感)です。

 

眼・意識はゴールのクリエイトです。

 

今回の動画ではナイファンチン・ナイハンチの初動の原理原則を嫁と検証しているものです。

 

ナイファンチン・ナイハンチの初動だけでも、姿勢、呼吸、眼・意識の原理原則は全てふくまれています。

 

原理原則を知り感覚を掴むことが型の習得だと考えています。

 

よく型の解釈では、この部分はこうやって使うといった部分的な解釈がされがちですが、それはあまり重要ではありません。

 

ナイファンチン・ナイハンチの初動では足を交差し横に進みます。

 

この動作をどのようにでも変化していける原理原則が理解できなければ、型を習得するのは難しいというのが僕の考えです。

 

まず足を交差させる時の姿勢は『相手に入っています』という影響力がなければいけません。
※相手に入るというのは、重心が相手の内側に入るような感覚です。

 

次に呼吸を相手と繋がった状態にしなければなりません。
※相手と繋がった状態とは、2人で支え合いバランスをとるような感覚です。

 

それを感じなければいけません。

 

そして眼・意識では先に結果をクリエイトすることです。

 

そうすれば実際に行動を起こすことで、そのイメージが勝手に浮かび上がります。

 

ご来院されていただいている方はお分かりだと思います。

 

結局この感覚を理解できると、自分の人生を先に創造(クリエイト)して想像(イメージ)を浮かび上がらせることができるのです。

 

武道・武術の教えを目的達成のために姿勢、呼吸、眼・意識としてまとめ上げただけで、本質は一緒だと理解していただけると思います。

 

型の話に戻します。

 

武道・武術の原理原則は決まりごとなので、力が強い弱い、カラダが大きい小さい、男性女性などで作用が変わることは基本的にありません。

 

ただ背の高いひとより低いひとの方が重心が低いので物理法則上、最初から相手をコントロールをしやすくなることなどはあります。

 

動画の最後の方で、交差からの入り身と開手・手刀を複合した検証をしています。

 

この部分は相手を先に捉えている状態をつくりだすので、パンチを打ってきた側が勝手に崩れてくれます。

 

僕が嫁に掛ける時は、自分の重心の高さを手抜いているので、倒れるところまでいきませんが、嫁が僕に掛ける時は自然な状態で重心が低いためしっかりと崩れます。

 

f:id:emurask0417:20170911173409j:image

※ちなみに僕が嫁に対し掛けた1回目は少し失敗しています…

 

武道・武術では小さいひとが大きいひとを投げたら凄いという印象がありますが、型の練度が上がるほど物理法則上、小さいひとのほうが大きいひとをコントロールしやすくなります。

 

でも型の稽古をしてそうならないのなら、その型の中に正しい原理原則が無いということです。

 

僕は武道・武術の原理原則を型からこのように学びました。

 

ご来院いただいている方は今後の参考にしてください。

 

エクササイズ〈呼吸鍛練〉に興味をお持ちいただいた方はお気軽にご相談ください。

 

お待ちしています。

 

◯ナイファンチン・ナイハンチ初動のメモ

 

□構えから交差

相手に入る、調和

 

□開手・手刀

安全な位置の先取り、相手のコントロール

 

□肘当てから鉤突きの構え

守りました、攻めました

 

営業時間 10:00〜23:00
予約受付 10:00〜19:00
日曜休診
※日曜日、時間外、相談可能

 

料金表

料金表 - 夢を目的に変えて達成していくACTIVE-STUDIO 大阪 南森町 江村鍼灸治療院

 

質問はLINEで承ります↓

LINE Add Friend

 

メールによるお問い合わせはこちら↓

emurask0417@gmil.com

 

ご予約はこちら↓

江村鍼灸治療院

 

TEL 0668096384

 

住所 大阪府大阪市北区天神橋2丁目5-26ギャラリービル501

 

(最寄り駅) 地下鉄堺筋線 南森町 JR東西線 大阪天満宮

 

Google マップ

 

【鍼灸治療】アクセス 大阪市北区天神橋 江村鍼灸治療院 - YouTube

 

 f:id:emurask0417:20170911173424j:image