目的を達成するための江村鍼灸院

このブログは、目的を達成するための知と実践について書いています。

収入を増やすために持つべき考え方と感覚

こんにちは!江村鍼灸院の江村です(^^)

 

◯収入を増やす考え方


収入を増やすためには、意識の持ち方が大切です。

 

収入が少ないと悩む多くの方が、お金は使えばなくなるという意識を持っています。

 

確かにお金は使えば、減ってなくなります。

 

しかしお金が減った時の意識の持ち方で、収入を変えていくことができます。

 

毎月一定のお給料をもらっている方は、そんなに簡単に収入が増えることはないと、考えています。

 

そのため、毎月の使える金額も決まっています。

 

限界が決まっています。

 

それが10万円なら、欲しいものを買い、食べたい物を食べ、9万円使えば、残りは1万円になります。

 

おおよその方が『残り1万円か〜⤵︎』と考えます。

 

そして使えるお金が初めの10分の1になっているので、お金がないという意識を持ちます。

 

1万円しかないので、1万でできること、もしくは来月まで節約しようと考え始めます。

 

この時の意識は、お金がない世界から出ることはありません。

 

そのため、収入が増える可能性も上がりません。

 

ではこの意識を変えるには、どうすれば良いのか?

 

僕がオススメしている方法は、銭闘力という考え方を持つことです。

 

ひとはどんなことでも、足りない時には【満たす方法】を考えます。

 

しかし限界だと思うと、限界を越えないことを考えます。

 

運動をしたり、重い物を持ったりするのに、筋力が足りないと感じれば、筋力をつけようと思います。

 

でも自分は限界だと感じれば、筋力をつけようとはしませんし、運動できなくていい、重い物を持てなくてもいい、と考えます。

 

ロールプレイングゲームをしていて、キャラクターの戦闘力が足りなければ、戦闘力をあげようとします。

 

しかしキャラクターに限界を感じれば、他のキャラクターを成長させます。

 

足りないと感じるか?限界だと感じるか?で先は全く変わります。

 

意識が全く違うものになります。

 

そこで今月使えるお金が、10万円なら10万銭闘力だと考えます。

 

9万銭闘力使えば、残り1万銭闘力となります。

 

この時、戦闘力と同じように、銭闘力が足りないと考えてください。

 

そして銭闘力を上げようと考えてください。

 

そうすれば、銭闘力を上げる意識を、持つことができます。

 

ゲームと同じ意識を持てれば、お金への意識を変えることができます。

 

重たいバーベルが持てない。

 

しかし持ちたいのなら、持てるようにする方法を考えます。

 

まずは軽い物を持ち上げて少しずつパワーアップしよう!とか、専門家に教えてもらおうとか、考えるようになります。

 

銭闘力を上げたいと思うことで、その方法に閃くことができる、機能が働きます。

 

多くのひとは、お給料は一定で、そんなに簡単に変わらないと、思い込んでいます。

 

しかしその思い込みを変えることで、誰もが持っている機能を正しく働かせ、お給料を変えることができます。

 

まずは自分の限界をつくらないことです。

 

◯収入が増えている自分をクリエイトする

 

銭闘力の考え方を持ち、収入が増えている自分をクリエイトしていけば、収入を増やしていくことができます。

 

収入が増えている自分をクリエイトするには、姿勢、呼吸、眼・意識の感覚を使います。

 

姿勢、呼吸、眼・意識の感覚は、自分がクリエイトした未来に、閃くことができます。

 

自律神経による閃きと、感性による閃きです。

 

この2つの閃きを、江村鍼灸院では、呼吸鍛練(エクササイズ)で開発します。

 

◯江村鍼灸院へのご案内

 

江村鍼灸院ホームページ↓

江村鍼灸院

 

江村鍼灸院LINE↓

LINE Add Friend

 

江村鍼灸Twitter

江村鍼灸院 (@emurask0417) | Twitter

 

江村鍼灸院アクセス↓

Google マップ

 

江村鍼灸院アクセス動画↓

【鍼灸治療】アクセス 大阪市北区天神橋 江村鍼灸治療院 - YouTube

 

営業時間 10:00~23:00

予約受付 10:00~19:00

日曜休診

※日曜日、時間外、相談可能

 

TEL 0668096384

 

住所 大阪府大阪市北区天神橋2丁目5-26ギャラリービル501

 

(最寄り駅) 地下鉄堺筋線 南森町 JR東西線 大阪天満宮

 

f:id:emurask0417:20171002190950j:image