心と體(からだ)のセンスを磨く 江村鍼灸院のブログ

このブログは健康、武道、武術、そして生活を最適化する方法について書いています。

筋肉張力のバランスと勝手な考察

主動筋と拮抗筋

 

こんにちは(^^)江村鍼灸院の江村です。

 

スポーツの試合や大会で、調子は良いのに、実力が発揮できなかった、悪くはないが冴えなかった、という経験はないでしょうか?

 

調子が良いと感じるのは、体調や動きが良いと感じる時です。

 

しかし、調子はよくても実力が発揮できない、冴えない、ということがあります。

 

運や対人の要素を抜きにして、考えられる要因があります。

 

それは筋肉張力のバランスです。

 

筋肉が働く際には、主動となる筋肉と、その筋肉と拮抗する筋肉があります。

 

主動筋が収縮すると拮抗筋は弛緩します。

 

2つのバランスがとれていることで、筋肉は本来の張力を発揮します。

 

ですが、主動筋、拮抗筋のいずれかの張力が強く(弱く)なり過ぎていると、本来の張力を発揮できません。

 

そして張力を発揮できない状態でも、そのことに氣づかないことはよくあります。

 

スポーツや格闘技を観戦していると、調子は良さそうなのに、筋肉張力のバランスが悪そうだと感じることがあります。

 

【勝手な考察】
WBSSバンタム級勝戦井上尚弥VSノニト・ドネア戦を見て

 

WBSSはWorld Boxing Super Seriesの略で、昨年(2019年)はバンタム級トーナメントに、プロボクサーの井上尚弥選手も参戦し、圧巻のパフォーマンスで優勝されました。

 

その決勝戦である、井上尚弥VSノニト・ドネア戦を見た考察です。

 

ここからは、個人的な考察で何の根拠もありませんので、あしからず。

 

テレビ放送でリングインした井上選手を見て、井上選手のひとつ前の試合、エマヌエル・ロドリゲス選手との対戦時より、僧帽筋上部の張力が強くなっているように感じました。

 

パッと見の印象は、チンニングをしているような張力を僧帽筋に感じました。

 
張力バランスの偏り①僧帽筋上部と前鋸筋の張力バランス

 

主動筋の張力が強くなると、拮抗筋の張力が弱くなることがあります。

 

僧帽筋上部の拮抗筋は前鋸筋です。

 

前鋸筋は肩甲骨を前方に引く働きがあり、パンチのスピードや威力に関係します。

 

そのため前鋸筋の張力が弱くなると、パンチのスピードや威力が落ちます。

 

観察から、いつもよりパンチのスピードや威力が落ちているのではないかと感じました。

 

張力バランスの偏り②僧帽筋の張力が強くなって起きること

 

僧帽筋上部は肩甲骨を後頭部の方へ、そして背中の中心の方へ寄せる働きがあります。

 

そのため張力が強くなると、肩甲骨をその方向に引き寄せた状態になります。

 

肩甲骨のポジションがミリでも上がると、重心も少し高くなり、目線も僅かな角度ですが上がります。

 

ニュートラルなポジションよりも重心が上がると、體捌きが遅くなります。

 

目線が上がると、下方が見え難くなります。

 

観察から、いつもより攻撃をもらいやすいのではないかと感じました。

 

もし本当に張力バランスが偏っていたのなら、張力バランスが整った状態で再戦すれば、今回よりも圧倒的なパフォーマンスを見ることができるのではないかと思いました。

 

何の根拠もない勝手な考察ですが、ご覧いただきありがとうございます。

 

筋肉の張力は、筋肉内のセンサー(筋紡錘)によって変化します。

 

センサーが誤作動を起こすと、張力が強くなり過ぎたり、弱くなり過ぎたりします。

 

そして誤作動は不意に訪れます。

 

その結果、パフォーマンスを低下させることがあります。

 

筋肉張力は、センサーを中心に伸ばすことで強くすることができ、センサーに向かって筋肉を縮めることで弱くすることができます。

 

調子は良かったはずなのに、力が発揮できない、冴えないと感じた場合、可能性のひとつとして考えてみてください。

 

このブログは健康と武道そして生活を最適化する方法について書いています。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

江村拝


江村鍼灸院ホームページ

呼吸を再起動する鍼灸院

 

江村鍼灸YouTubeチャンネル

江村鍼灸院 - YouTube

 

江村鍼灸Twitter

江村鍼灸院 (@emurask0417) on Twitter