心と體(からだ)のセンスを磨く 江村鍼灸院のブログ

このブログは健康、武道、武術、そして生活を最適化する方法について書いています。

型の反復で上達する条件

セオリープラクティスその5

 

重さの感覚的理解

 

こんにちは(^^)江村鍼灸院の江村です。

 

サンチン 重さの使い方↓

https://youtu.be/ZXOw0xtw4mM

 

動く時、重さは移動先にかかります。

 

建物の重さは真下にかかりますが、生物の重さはかかる場所が変化します。

 

サンチンを行う時、なるべく腰や重心を低くしようとするひとがいます。

 

サンチンが重さを真下にかけるのなら、それで構いません。

 

そして真下が正解なら、腰や重心を低くすれば上達します。

 

ですが、サンチンの重さを真下にかけてしまうとサンチンは體現できません。

 

サンチンの重さは真下にかからないからです。

 

腰や重心を低くしても、上達しないひとがいるのはこのためです。

 

上達の基本条件

 

サンチンは體重移動、重心移動、バランス、重さを感覚的に理解させてくれます。

 

そして體重移動はポジショニング、重心移動はコントロール、バランスは金縛りや制限、重さはエネルギーの流動を使えるようにしてくれます。

 

サンチンを正しく行えば、ひとりで上達できます。

 

サンチンを正しく行う基本条件は、重さの感覚的理解です。

 

サンチンの重さがどこにどうかかるのか?感じて説明できるのなら、型の反復で上達します。

 

しかし重さを感じない、説明できないのなら、反復では上達しません。

 

そういう方にまず必要なのは、手解きによる感覚的理解です。

 

このブログは健康と武道そして生活を最適化する方法について書いています。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

江村拝


江村鍼灸院ホームページ

呼吸を再起動する鍼灸院

 

江村鍼灸YouTubeチャンネル

江村鍼灸院 - YouTube

 

江村鍼灸Twitter

江村鍼灸院 (@emurask0417) on Twitter