呼吸を再起動し生活を最適化する江村鍼灸院

このブログは健康、武道、武術、そして生活を最適化する方法について書いています。

目的達成と行い

直観力トレーニングその13

 

行い

 

こんにちは(^^)江村鍼灸院の江村です。

 

現在の行いは、未来に結果となります。

 

その現在は、過去の行いの結果です。

 

目的を達成するには、行いが大切です。

 

ですが目的に向かって行いをしているつもりでも、結果が伴わないことがあります。

 

結果が伴わないのは、現在から未来に向かう行いをしているからです。

 

それは今の過ごし方が、未来をつくるという考え方で、現在から未来を見ているということです。

 

この考え方は、普通のことだと思うのではないでしょうか?

 

ですが、この考え方では目的を達成する力は弱いです。

 

なぜ弱いのか?

 

まずは力が強くなる方法を説明します。

 

未来設定

 

ではどうすれば、目的を達成する力は強くなるのか?

 

それは、未来に向かうのではなく、未来がやってくるという考え方、未来から現在を見るという方法を行うことです。

 

未来から現在を見るというと、少し特殊に感じるかもしれません。

 

ですがゴールからの逆算という方法で、みなさんも日常的に行っています。

 

わたしたちはさまざまなことにゴールを設定し、そこから逆算した行動をとります。

 

ゴールの設定=未来の設定です。

 

つまりわたしたちは、日常であらゆることに未来を設定し、設定から逆算した行動をしています。

 

簡単なことなら食事です。

 

何を食べるか決めてから(未来設定)、それを作ったり、お店に食べに行ったりします。

 

しかし何を食べるか決めないと、未来設定できていないので、何にするのかを考えながら、買い物やお店探しをします。

 

未来設定があると、食事に向かう行いを遂行することができます。

 

未来設定がないと、まずはそこに至るまでの行いになります。

 

目的に向かって行いをしているのに、結果が伴わないひとの多くは、この状態です。

 

一見すると、目的達成に向けた行いのようですが、実は未来設定が曖昧で、未来設定をするための行いになっています。

 

定まっていないので、定めることが優先され、定まるまではいくらでも変更が起こります。

 

氣づいたら、脱線していることもあります。

 

未来に向かうというのは、自由度が高く、自由度が高いゆえに迷います。

 

目的達成の力が弱くなる理由は、自由度の高さから生まれる迷いのせいです。

 

未来に向かう→自由度が高い→迷いもでる
未来がやってくる→未来が決まっている→行いを遂行する

 

わたしたちは未来に向かってもいるし、未来がやってきてもいます。

 

違いは未来設定があるかないかです。

 

ないと向かい、あるとやってきます。

 

僅かな差ですが、この差が大きな違いになります。

 

目的を達成するひとは、未来設定ができていて、そこから逆算した行いができるひとです。

 

行いの結果が伴わないと感じているのなら、未来設定を確認してください。

 

そして未来から現在を観察し、必要な行いをしてください。

 

このブログは健康、武道、武術、そして生活を最適化する方法について書いています。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

江村拝


江村鍼灸院ホームページ

呼吸を再起動する鍼灸院

 

江村鍼灸YouTubeチャンネル

江村鍼灸院 - YouTube

 

江村鍼灸Twitter

呼吸を再起動し生活を最適化する江村鍼灸院 (@emurask0417) on Twitter