呼吸を再起動し生活を最適化する江村鍼灸院

このブログは健康、武道、武術、そして生活を最適化する方法について書いています。

試す氣持ちを捨てる

信じた行い

 

こんにちは(^^)江村鍼灸院の江村です。

 

直観力トレーニングとセオリープラクティスでは、五感や身体感覚では感じられない感覚を、感じるとる練習をします。

 

そのため、わたしとのトレーニングやプラクティスではできても、ひとり稽古では再現できているのか、分からなくなることがあります。

 

そうなるとどうしても、できているのかを試して確認したくなります。

 

ですが、この『試す』氣持ちは良くありません。

 

なぜなら試すということは、信じていないということだからです。

 

何を信じていないのか?

 

信じていないのは、直観力トレーニングやセオリープラクティスで学ぶ、武道の教えや型の教えです。

 

武道の教え、型の教えは五感や身体感覚で理解できるものではありません。

 

理解するには、五感や身体感覚を超越した感覚が必要になります。

 

この感覚をわたしは、六感的物理感覚や真體感覚と表現しています。

 

どちらの感覚も、教えを體現できるまでは、感じたり理解したりできません。

 

できるまで、感覚も理解もないので、はじめは信じるしかありません。

 

そのためひとり稽古では、信じて行うことが必須です。

 

信じて行えば上達します。

 

逆に言えば、信じていないひとは上達しません。

 

これが試す氣持ちが良くない理由です。

 

レーニングやプラクティスで、これまでにやったことをできているか、検証したいというひとがいます。

 

検証するということは、信じた行いではないということです。

 

尊ぶ心が信じる氣持ちを生む

 

信じる氣持ちは尊ぶ心から生まれます。

 

ひとは形のないものでも、存在を感じます。

 

そしてそれが自分にとって大切であれば、尊重します。

 

武道の教えや型の教えも、形はありません。

 

ですが、存在しています。

 

それは圧倒的で偉大な存在です。

 

それを感じて学びたいと思うひとには、尊ぶ心が生まれます。

 

その心が信じる氣持ちに繋がります。

 

それがさらに信じた行いに繋がります。

 

武道の教えや型に対し、試す氣持ちを持ってはいけません。

 

試す氣持ちでは、信じた行いはできません。

 

試す氣持ちは欲から生まれます。

 

欲は教えや技術を使い、何かをしたいと思いを強くします。

 

その思いが強くなるほど、教えの真理は遠ざかります。

 

できているか確認したいという思いは、誰でも起こります。

 

ですが、試す氣持ちは欲の心です。

 

その心は悪鬼、業魔となり必ず禍いとなります。

 

迷った時は試す氣持ちを捨てて、信じた行いをしてください。

 

このブログは健康、武道、武術、そして生活を最適化する方法について書いています。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

江村拝


江村鍼灸院ホームページ

呼吸を再起動する鍼灸院

 

江村鍼灸YouTubeチャンネル

江村鍼灸院 - YouTube

 

江村鍼灸Twitter

呼吸を再起動し生活を最適化する江村鍼灸院 (@emurask0417) on Twitter