心と體(からだ)のセンスを磨く 江村鍼灸院のブログ

このブログは健康、武道、武術、そして生活を最適化する方法について書いています。

健康の秘訣は體(からだ)が軽いと感じながら過ごすこと

調子が良い時、體(からだ)は軽い

 

こんにちは(^^)江村鍼灸院の江村です。

 

わたしたちは普段、あまり自分の重さを感じていません。

 

重さを感じるのは、筋肉に重さの負荷が掛かった時です。

 

そのため、物を持てばはっきりと重さを感じます。

 

ですが、自分の體(からだ)は、筋肉で支える状態にならないと、重さを感じません。

 

例えば、腕立て伏せやスクワットの状態です。

 

體(からだ)はニュートラルポジションだと、筋肉の支えが僅かで済むので、自分の重さはあまり感じません。

 

ですが、體(からだ)がアクティブになるほど、活動強度が高くなり、自分の重さを感じます。

 

ニュートラルポジションで重さを感じてしまう時

 

アクティブではないのに、體(からだ)が重いと感じることがあります。

 

體(からだ)はアクティブな状態の時、支えるための筋力を発揮しています。

 

ニュートラルポジションではリラックスしている筋肉が、アクティブ状態だと緊張しています。

 

アクティブ状態で緊張が続くと、筋肉の張力が変化します。

 

その張力変化が均衡を崩し、姿勢に影響します。

 

ニュートラルポジションから、ギアが入ったままの状態になり、不要な筋力を発揮し続け、それが重さを感じさせます。

 

ひとは疲れと姿勢が悪くなります。

 

そして疲れると體(からだ)が重く感じます。

 

それは上記のような仕組みだからです。

 

睡眠は重さを取る

 

ひとは疲れと眠くなります。

 

睡眠は緊張を解除し、體(からだ)をニュートラルポジションに戻します。

 

目覚めて疲れが取れていれば、體(からだ)が軽いと感じます。

 

反対に疲れが取れていなければ、體(からだ)が重いと感じます。

 

睡眠は體(からだ)の重さを取ってくれます。

 

疲労の回復=體(からだ)の軽さです。

 

體(からだ)の重さは、體調のパラメータです。

 

重い状態が続くということは、疲労が蓄積しているということです。

 

それが続くと、調子は不調に傾きます。

 

そのため體(からだ)が軽いと感じながら過ごすことが、健康の秘訣です。

 

體(からだ)が軽いと感じながら日々を過ごしてください。

 

江村鍼灸院の呼吸調整は、多くの方に施術後、體(からだ)の軽さを感じていただいています。

 

體(からだ)の重さ、疲れを感じている方は、呼吸調整をお試しください。

 

このブログは健康、武道、武術、そして生活を最適化する方法について書いています。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

江村拝


江村鍼灸院ホームページ

呼吸を再起動する鍼灸院

 

江村鍼灸YouTubeチャンネル

江村鍼灸院 - YouTube

 

江村鍼灸Twitter

呼吸を再起動し生活を最適化する江村鍼灸院 (@emurask0417) on Twitter