無形の創造@江村鍼灸院

このブログは武道から学んだわたしの哲学を書いています。

形骸化した型に中身を取り戻す条件

セオリープラクティスその1

 

防御と防衛の違い

 

こんにちは(^^)江村鍼灸院の江村です。

 

防御→defense、防衛→protection

 

防御は、相手の動作に応じ、身を守ります。

 

迫撃での防御の基本動作は、防ぐ、躱す、いなすです。

 

防衛は、相手の動作の前に守ります。

 

攻撃をさせない。

 

攻撃を届かなくする。

 

攻撃される前に制圧する。

 

攻撃をさせないは、相手に動作を起こさせないということです。

 

攻撃を届かなくするは、相手の照準が自分に合わなくするということです。

 

防御の躱す、いなすは、照準を合わせられた状態です。

 

そのため攻撃の軌道から外れる、軌道を外す技術です。

 

届かなくするのは、照準が合わないので、自分に向かう軌道が生じません。

 

そのため近くても届きません。

 

防衛の条件と止める技術の応用↓

https://youtu.be/T8r6jxmFZOE

 

防衛の条件

 

この動画では、攻撃を届かなくする技術の練習をしています。

 

まず下半身でサンチンの締めを行います。

 

サンチンの締めが正しくできると、距離感を錯覚させることができます。

 

次に腕(前足)を、相手にとって邪魔な位置におきます。

 

ひとは物理的邪魔なものとの位置関係によって、選択しやすい動作があります。

 

そのため、邪魔な位置次第で選択される動作を限定することができます。

 

距離感を錯覚させたことで照準を外し、位置関係を築くことで、すでに外れている軌道をさらにコントロールすることができます。

 

動画の防衛の条件は、下半身の締めと、相手にとって邪魔な位置を見極めることです。

 

この二つの条件をクリアすれば、触れる距離にいても、届かない状態にすることができます。

 

攻撃される前に制圧するは、動作を起こさせない、または届かない状態にしながら、完全に相手の攻撃能力を奪ってしまうことです。

 

防衛技術の欠落

 

防御は相手が攻撃をしてくることが前提です。

 

後手の選択肢になるので、失敗の可能性もあります。

 

防衛は攻撃の前に封じる、もしくは攻撃しても目標が自分ではなくなっています。

 

うまく発動できない、という失敗はありますが、発動さえすれば、失敗の可能性はありません。

 

防御技術では、スピードとパワーの差が大きく影響します。

 

防衛技術では、スピードとパワーの差は影響しません。

 

空手の型は本来、迫撃での防衛技術を教えてくれます。

 

しかし多くの型、その分解が受け、払いなどの防御技術になってしまっています。

 

型が形骸化する理由のひとつは、防衛技術の欠落です。

 

そのため防衛技術を取り戻すことが、形骸化した型に中身を取り戻すことになります。

 

まずは防御と防衛の違いを見極めてください。

 

スピードとパワーの差が関係ない、守りの技術に氣づくことができれば、型に中身を取り戻すことができます。

 

このブログは健康と武道そして生活を最適化する方法について書いています。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

江村拝

 

江村鍼灸院ホームページ

呼吸を再起動する鍼灸院

 

江村鍼灸YouTubeチャンネル

江村鍼灸院 - YouTube

 

江村鍼灸Twitter

江村鍼灸院 (@emurask0417) on Twitter