武道の叡知を学び體現する@江村鍼灸院のブログ

このブログは武道から学んだわたしの哲学を書いています。

サンチンと肘の締め

サンチンの突き

 

こんにちは(^^)江村鍼灸院の江村です。

 

サンチンの突きは攻防一體です。

 

攻防一體を可能にする条件があります。

 

それは肘の締めです。

 

わたしが学び、セオリープラクティスで行っているサンチンは肘で突きます。

 

肘で突くためには、肘の締めができていなければなりません。

 

肘の締めができると、スムースな重心移動ができます。

 

スムースな重心移動には、動きの力点がありません。

 

そのため溜めを必要としないエネルギーの傳達ができます。

 

その結果、2つのことが可能になります。

 

①いきなり大きなエネルギーを傳達できる(技の威力を傳える)

 

②起点(溜め)が無いため相手の反応を抑えることができる

 

①と②が攻防一體を可能にします。

 

サンチン 突きの攻防原理↓

サンチン 突きの攻防原理 @江村鍼灸院/セオリープラクティス - YouTube

 

動画では突きの攻防原理を習得するための検証を行っています。

 

検証しているのは、

 

動かすところ以外は変化させない

 

首を緊張させない

 

相手の力が入らないようにする

 

相手の反応を抑える

 

腕の強さ

 

間合いの変化などです。

 

サンチンの突きはシンプルですが、奥が深いです。

 

その奥深さを味わうには、肘の締めが必要不可欠です。

 

動画やこのブログが、肘の締めの習得に少しでもヒントになれば嬉しく思います。

 

このブログは武道から学んだわたしの哲学を書いています。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

江村拝

 

セオリープラクティスに関して↓

型の叡知を学び実践する@江村鍼灸院

 

セオリープラクティスの動画↓

江村鍼灸院 - YouTube

 

施術『呼吸調整』に関して↓

全身のバランスを整え呼吸の力を引き出す鍼灸院

 

健康へのわたしの考え方↓

呼吸のこと健康のこと@江村鍼灸院

 

日常のお知らせ↓

江村鍼灸院 (@emurask0417) | Twitter