武道の叡知を学び體現する@江村鍼灸院のブログ

このブログは武道から学んだわたしの哲学を書いています。

免疫力を高める必要はあるのかな?わたしは必要ないと思います

繋がっている歴史が証明している

 

免疫力を高めましょう!と言うひとがいます。

 

本当に高める必要はあるのでしょうか?

 

わたしは必要ないと思っています。


體(からだ)は外敵の侵入があると警備員が出動します。

 

そして警備員はとても高い能力を持っています。


外敵から身を守るには、もともと持っている能力で充分です。

 

それが足りていないのなら、にんげんはとっくに滅んでいるはずです。

 

ここまで、じん類の歴史が繋がっていることがその証明です。

 

不調に陥る要因

 

では何故ウイルスにやられてしまうのか?

 

それは體(からだ)が本来の働きを、できていないことが原因です。

 

つまり問題は、免疫力を低下させてしまうことです。

 

體(からだ)はバランスが大事です。

 

必要な時に免疫がしっかり働けば良く、普段から高い必要はありません。

 

免疫力が高い状態になると正常な細胞も攻撃することがあります。

 

警備員が武装し過ぎると、その力は自分にも及ぶということです。

 

しかし能力が発揮できない、それは困ります。

 

やっぱり問題は疲労とストレス

 

能力が発揮できなくなる要因は、疲労とストレスです。

 

疲労とストレスが體(からだ)を弱らせます。

 

日常の疲労とストレスが、しっかり発散できていれば、持っている力は働きます。

 

その力で大丈夫です。

 

だから、その力を信じましょう。

 

これはわたしの意見です。

 

共感できるひとだけ、参考にしてください。

 

このブログは武道から学んだわたしの哲学を書いています。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

江村拝

 

セオリープラクティスに関して↓

型の叡知を学び実践する@江村鍼灸院

 

セオリープラクティスの動画↓

江村鍼灸院 - YouTube

 

施術『呼吸調整』に関して↓

全身のバランスを整え呼吸の力を引き出す鍼灸院

 

健康へのわたしの考え方↓

呼吸のこと健康のこと@江村鍼灸院

 

日常のお知らせ↓

江村鍼灸院 (@emurask0417) | Twitter