無形の創造@江村鍼灸院

このブログは武道から学んだわたしの哲学を書いています。

行うだけができないのは尊重が足りないから

セオリープラクティスその12

 

できるようになるためにすること

 

こんにちは(^^)江村鍼灸院の江村です。

 

セオリープラクティスを受けた方から、できるようになるためにひとり稽古はどうすれば良いのか?という質問がよくあります。

 

わたしの答えはいつも『ただ行うこと』です。

 

つまり型を行うこと。

 

それだけです。

 

行いは平常心でなければできません。

 

上達しようと思いワークや型を行うと、欲が入り込みます。

 

欲は心を変化させます。

 

欲の介入は心を乱し、行いを妨げます。

 

それは上達を遅れさせます。

 

部分的な動きを體現するために、何をすれば良いのか?と思うのは分かります。

 

ですがそこを追求しても見せかけの上達にしかなりません。

 

不必要に氣づく

 

リラックスを體現したいのなら、リラックスのワークをただ行ってください。

 

型の形化を體現したいのなら、型をただ行ってください。

 

「リラックスできるようになろう」「型を使えるようになろう」という思いはいりません。

 

セオリープラクティスは取り組むほど向き合うほど、やることは増えていきます。

 

ですがそれは、不必要なものに氣づくための多さであって、行いを増やすためのものではありません。

 

わたしとの稽古では、たくさんのことを行いながら、わたしが矯正します。

 

まかせてくだされば、わたしとの時間で上達します。

 

ひとり稽古ではプラクティスでのことは忘れ、ただ行いをしてください。

 

それは型を行うこと。

 

以上です。

 

それだけでは不安になるのなら、行いに至る過程に尊重が足りていないということです。

 

型やワークを見つめ直してみてください。

 

上達の真理

尊重する→行う→自信→平常心→あたりまえ

 

このブログは武道から学んだわたしの哲学です。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

江村拝

 

型の叡智を学び実践する@江村鍼灸

型の叡知を学び実践する@江村鍼灸院

 

江村鍼灸YouTubeチャンネル

江村鍼灸院 - YouTube

 

江村鍼灸院ホームページ

全身のバランスを整え呼吸の力を引き出す鍼灸院

 

健康のこと呼吸のこと@江村鍼灸

呼吸のこと健康のこと→江村鍼灸院

 

江村鍼灸Twitter

江村鍼灸院 (@emurask0417) | Twitter