無形の創造@江村鍼灸院

このブログは武道から学んだわたしの哲学を書いています。

型稽古上達の概要(セオリープラクティス受講者の方へ)

武道上達の仕組み

 

一般的な運動としての上達法

 

その1

場面ごとの有効な動作を練習する。

その場面もしくは類似の場面になれば、対応できる。

 

その2

意識的に有効動作を繰り返し反復練習をすることで、動作を無意識化する。

無意識化することで、反射的に動くことができ反応速度が速くなる。


型による上達法

 

型はほとんどの動作がそのままでは有効動作にならない。

 

そのため一般的な運動の上達法その1は当てはまらない。

 

続くその2もそのままでは有効動作でないため、無意識化しても無意味である。

 

結論

型は意識的繰り返しによる無意識化はできない。

 

ではどうすれば型で上達するのか?

 

それは意志を持たず型を行うことである。

 

型は決まった動作が連続で行われる。

 

決まった動作の連続性は流れであり、流れが誘導性の動きを作る。

 

型稽古の上達は型の流れ、そこから生じる誘導性の動きを感じることからはじまる。

 

そのため型とは、意志を持って行う動作のことではなく、動きを作る外側の存在のことである。

 

そしてわたしたちはその存在と調和することができ、調和するこで型の真理が分かる。

 

型によるひとり稽古の次は分解を行う。

 

分解は動作を場面ごとに使える状態に変換するものではない。

 

型との調和は他者との調和も可能にする。

 

分解は他者との調和を会得するためのものである。

 

分解によって他者との調和を会得すると、意志の起こりを捉えることができるようになる。

 

これが分かると先を取れるようになる。

 

意志は意欲や内外に生じる方向性。

 

欲や方向性には起点となる起こりがある。

 

起こりは居着きになる。

 

意志の起こりを捉えることが、型の稽古によって可能になる。

 

型稽古上達の概要〆

 

「型はありのままの自分を発掘する」

 

セオリープラクティスその13

 

型を感じ型が教えてくれることを理解できてくると、意志よりも先に、そして大きな力でわたしたちを動かすものがあると分かります。

 

それは意志を持たなくても、わたしたちを導いてくれます。

 

意志は志からはじまります。

 

志は自分の中にあり、志と向き合うと心が分かります。

 

心が分かると心を動かすものが、自分の内側の世界と自分の外側の世界の二つだと分かります。

 

自分の内側の世界は志そして意志です。

 

自分の外側の世界は志そして意志以外の全てです。

 

型は内側の世界と外側の世界を調和させます。

 

外側の世界には自分以外の全てがあります。

 

ということは、心、志はちっぽけでも、または無くても構わないということです。

 

どれだけちっぽけでも、調和すれば全てです。

 

またどれだけ強い心、高い志を持っていても調和すれば、同じように全てです。

 

それが分かれば、型の稽古は強くなったり、自分を変えたりするものではなく、ありのままの自分を受け入れるものだと分かります。

 

わたしたちは分かっているようで分かっていません。

 

型はそのことを教えてくれます。

 

そのはじまりは意志の起こりを捉えることです。

 

そして意志を持たず型を行うことです。

 

そうすればありのままの自分が発掘されます。

 

今日もただ、型を行ってください。

 

江村拝(^人^)

行うだけができないのは尊重が足りないから

セオリープラクティスその12

 

できるようになるためにすること

 

こんにちは(^^)江村鍼灸院の江村です。

 

セオリープラクティスを受けた方から、できるようになるためにひとり稽古はどうすれば良いのか?という質問がよくあります。

 

わたしの答えはいつも『ただ行うこと』です。

 

つまり型を行うこと。

 

それだけです。

 

行いは平常心でなければできません。

 

上達しようと思いワークや型を行うと、欲が入り込みます。

 

欲は心を変化させます。

 

欲の介入は心を乱し、行いを妨げます。

 

それは上達を遅れさせます。

 

部分的な動きを體現するために、何をすれば良いのか?と思うのは分かります。

 

ですがそこを追求しても見せかけの上達にしかなりません。

 

不必要に氣づく

 

リラックスを體現したいのなら、リラックスのワークをただ行ってください。

 

型の形化を體現したいのなら、型をただ行ってください。

 

「リラックスできるようになろう」「型を使えるようになろう」という思いはいりません。

 

セオリープラクティスは取り組むほど向き合うほど、やることは増えていきます。

 

ですがそれは、不必要なものに氣づくための多さであって、行いを増やすためのものではありません。

 

わたしとの稽古では、たくさんのことを行いながら、わたしが矯正します。

 

まかせてくだされば、わたしとの時間で上達します。

 

ひとり稽古ではプラクティスでのことは忘れ、ただ行いをしてください。

 

それは型を行うこと。

 

以上です。

 

それだけでは不安になるのなら、行いに至る過程に尊重が足りていないということです。

 

型やワークを見つめ直してみてください。

 

上達の真理

尊重する→行う→自信→平常心→あたりまえ

 

このブログは武道から学んだわたしの哲学です。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

江村拝

 

型の叡智を学び実践する@江村鍼灸

型の叡知を学び実践する@江村鍼灸院

 

江村鍼灸YouTubeチャンネル

江村鍼灸院 - YouTube

 

江村鍼灸院ホームページ

全身のバランスを整え呼吸の力を引き出す鍼灸院

 

健康のこと呼吸のこと@江村鍼灸

呼吸のこと健康のこと→江村鍼灸院

 

江村鍼灸Twitter

江村鍼灸院 (@emurask0417) | Twitter

型の稽古で上達するには

セオリープラクティスその11

 

姿勢の矯正からでは限りなく本物に近い偽物止まり

 

こんにちは(^^)江村鍼灸院の江村です。

 

型稽古の上達で大切なのは意識です。

 

意識は眼に表れます。

 

そのためまずは眼の在り方が大切です。

 

眼の在り方が呼吸を変えます。

 

そして呼吸が姿勢を変えます。

 

姿勢は意識の結果です。

 

意識→眼→呼吸→姿勢

 

そのため型を姿勢から矯正しても、本物にはなりません。

 

本物に近づきはすれど、限りなく本物に近い偽物です。

 

型は姿勢よりも、眼の在り方から学ぶことが絶対です。

 

そうすれば、決まった姿勢などないことが分かります。

 

姿勢を矯正し作るということは、それしか答えがない状態です。

 

ひとつの答えでは、あらゆる変化に対応できません。

 

本当の姿勢は意識次第で千変万化します。

 

限りなく無限に近い答えがあるので、あらゆる変化に対応できます。

 

型を姿勢から捉えると、それらの可能性が閉ざされてしまいます。

 

わたしはそのことを、自分の體験から学びました。

 

型稽古による上達は意識の世界を知り、眼の在り方を知ることからです。

 

上達に悩む方へ

 

江村鍼灸院のセオリープラクティスでは、型?意識の世界?眼の在り方?の疑問を全て吹っ飛ばし、型であなたを武道のスペシャリストにします。

 

姿勢の矯正による型稽古に伸び悩みを感じている方、武道じん生に変化を求めている方は、セオリープラクティスにお越しください。

 

お待ちしています。

 

このブログは健康と武道そして生活を最適化する方法について書いています。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

江村拝


江村鍼灸院ホームページ

心と體(からだ)のセンスを磨く鍼灸院

 

江村鍼灸YouTubeチャンネル

江村鍼灸院 - YouTube

 

江村鍼灸Twitter

江村鍼灸院 (@emurask0417) | Twitter

リラックス、緊張、脱力の違い

直観力トレーニングその18

 

リラックスはパフォーマンスとクリエイティビティを向上させる

 

こんにちは(^^)江村鍼灸院の江村です。

 

今回は映像も合わせたかったので、動画にしました。

 

是非ご覧ください(^人^)

 

「リラックス、緊張、脱力の違い」[大阪市北区天神橋 江村鍼灸院] - YouTube

 

このブログは健康と武道そして生活を最適化する方法について書いています。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

江村拝


江村鍼灸院ホームページ

心と體(からだ)のセンスを磨く鍼灸院

 

江村鍼灸YouTubeチャンネル

江村鍼灸院 - YouTube

 

江村鍼灸Twitter

江村鍼灸院 (@emurask0417) | Twitter

目標に到達する技術

直観力トレーニングその17

 

目標と行動

 

こんにちは(^^)江村鍼灸院の江村です。

 

わたしたちは目標によって行動が変わります。

 

そのため目標に到達するには、目標にピントが合っていることが重要です。

 

わたしは目的を達成する力をつけるのに、武道のエッセンスを学ぶことを推奨しています。

 

なぜなら武道のエッセンスには、生活を最適化する要素が詰まっているからです。

 

目的を達成するにはまずひとつひとつ、目標に到達していくことです。

 

そして目標に到達するには目標にピントが合っていることです。

 

目標にピントを合わせる方法

 

目標にピントを合わせるのは、目標を捉える能力が関係します。

 

そのためまずは目標を捉えるセンスを磨きます。

 

目標を捉えるセンスは眼の在り方を理解することで磨くことができます。

 

武道の稽古でもまずは眼の在り方を学ぶ必要があります。

 

なぜなら眼の在り方が武道の戦略を成立させ、戦術の展開を可能にするからです。

 

わたしたちは五感で目標にピントを合わせます。

 

その中でも眼はきわめて多くの情報を扱うところです。

 

武道の相対稽古ではまず相手の眼を見ることからはじめます。

 

それが相手にピントを合わせる方法だからです。

 

眼は常に何かにピント合わせようと働いています。

 

そのため眼を見ることで相手の情報を得ることができます。

 

相手の情報を得ている感覚が、相手にピントが合っている感覚です。

 

眼を見てピントが合う感覚が身についたら、次は眼を見ずにピントが合っている感覚を身につけます。

 

見ずにピントを合わせる感覚が身についた時、目標にピントを合わせる感覚も理解できます。

 

目標にピントを合わせる方法は眼の在り方を知り、眼の働きをコントロールすることです。

 

眼にセンスが現れる

 

わたしたちは感じることで動きはじめます。

 

目標にピントを合わせ、目標を感じ続けるように自分をコントロールすれば、行動し続けることができます。

 

やり遂げるひと、新しいものを作り出すひとは眼が違います。

 

それは目標を捉えるセンスの違いです。

 

それが眼に現れます。

 

江村鍼灸院の直観力トレーニングに来るひとは眼が変わって行きます。

 

そして目標に到達し、目的を達成していきます。

 

目的を達成するにはそのためのセンスが必要です。

 

武道のエッセンスはじん生を成功に導く力を持っています。

 

江村鍼灸院では武道のエッセンスを取り出し、直観力トレーニングとしてまとめました。

 

それは目的を達成するセンス、じん生を成功に導くセンスを磨くためのものです。

 

直観力トレーニングでセンスを磨きたい方はご相談ください。

 

セオリープラクティスでは武道のエッセンスによる搏闘、そしてそこから学べる哲学をお傳えしています。

 

武道センスを磨きたい方はセオリープラクティスにお越しください。

 

このブログは健康と武道そして生活を最適化する方法について書いています。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

江村拝


江村鍼灸院ホームページ

心と體(からだ)のセンスを磨く鍼灸院

 

江村鍼灸YouTubeチャンネル

江村鍼灸院 - YouTube

 

江村鍼灸Twitter

江村鍼灸院 (@emurask0417) | Twitter

営業時間変更のお知らせ

営業時間の変更

 

こんにちは(^^)江村鍼灸院の江村です。

 

12月1日(火)より営業時間をこれまでの10:00〜23:00から10:00〜20:00に変更いたします。

 

よろしくお願いしますm(_ _)m

 

このブログは健康と武道そして生活を最適化する方法について書いています。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

江村拝


江村鍼灸院ホームページ

呼吸を再起動する鍼灸院

 

江村鍼灸YouTubeチャンネル

江村鍼灸院 - YouTube

 

江村鍼灸Twitter

江村鍼灸院 (@emurask0417) on Twitter

武道の集中状態=調和融合の體現

直観力トレーニングその16

 

通常の集中状態と武道の集中状態

 

こんにちは(^^)江村鍼灸院の江村です。

 

江村鍼灸院では直観力トレーニングで集中状態になれるようにします。

 

直観力トレーニングで学ぶ集中状態は、通常の集中状態とは違います。

 

ではまず集中とは何でしょうか?

 

そして集中は何のためにするのでしょうか?

 

[集中]一箇所に集めるまたは集まること。

 

集中状態は何かに意識が傾倒した状態です。

 

そして集中状態になると、高いパフォーマンスを発揮できます。

 

それは集中状態が集中するものから、多くの情報を受け取る状態になるからです。

 

その反面、集中しているもの以外の情報は遮断され、氣づきにくくなります。

 

ですので、集中していると他のことに氣が回らなくもなります。

 

例えばスポーツだとプレイに集中することで集中状態となり、敵や仲間の動き、道具やボールの動き、自分とゴールの距離感というような情報を、素早く的確にキャッチする状態になります。

 

そしてキャッチした情報を瞬時に処理することで、最善の行動を選択できます。

 

その間、プレイ以外のことはほとんど氣にならなくなります。

 

集中状態は、早く正確に情報を受け取れる状態です。

 

通常の集中というのは、スポーツならプレイへの集中のように、何かに集中している状態です。

 

直観力トレーニングで学んでもらう集中は、この何かに集中する状態とは違います。

 

では直観力トレーニングで学ぶ集中状態とはどういう状態なのでしょうか?

 

自分に向かって調和してくる

 

直観力トレーニングは武道の教えから構成しています。

 

ですので武道の教えから学ぶ、武道の本質を説明しながら、直観力トレーニングの集中状態を説明します。

 

武道の本質は活法です。

 

武道の本質を殺傷技術、殺法と考えているひとがいますが、殺法は本質ではありません。

 

殺法は結果論です。

 

それは何故、殺すのか?を考えれば分かります。

 

殺すのは自分が生き残るためです。

 

自分や仲間を生かすためです。

 

ひとは理由があれば争う生き物です。

 

たがらこそ争わない技術、争いを収める技術が武道として発展しました。

 

そのため武道における卵が先か?鶏が先か?問題は、活法、生かすための技術が先だと言うことができます。

 

武道は自分や仲間の命を先に繋げるためのものです。

 

そのため昔から受け継がれている武道の根本は護身です。

 

護身、制圧、已む無く殺傷、そういう組み立てでできています。

 

護身は争わず、衝突しません。

 

それは護身が調和だからです。

 

調和の力はひとや物と時間や場所を超えて繋がることができます。

 

調和すると流れを感じます。

 

その流れをより良い方向に導くことができるのが武道の教えです。

 

それが分かると我を抑え、全局の流れを見ることができるようになります。

 

全局の流れを見るには、自分が中心に居なければなりません。

 

そのため武道で学ぶ集中状態は、自分に集中してくる状態になります。

 

これは自分自身に集中するということではありません。

 

自分に向かって集まる状態です。

 

集まってくるのはあらゆる情報です。

 

通常の集中状態にならず、あらゆる情報が自分に流れ込んでくるのが武道の集中状態です。

 

そしてそれが調和融合の體現です。

 

これが搏闘の場合だと、通常の集中では相手を観察し相手の情報を早く正解にキャッチしようという状態です。

 

言葉にすると

『あなたは今からこうするんでしょ?』の状態です。

 

疑問系で確信ではありません。

 

武道の集中では調和するので、観察せずとも相手からの開示が起こります。

 

言葉にすると

『わたしは今からこうします』と相手が教えてくれる状態です。

 

そこには相手への敬いがあり、それが確信させてくれます。

 

そのため相手の『今から』よりも一瞬だけ『今』を早くすることで、先をとることができます。

 

格闘技の試合と違い、搏闘は一対多数、多数対多数も普通です。

 

武道の集中であれば、一対多数、多数対多数でも調和によって情報をパラレルに受け取れるので、命を繋ぐ可能性は高くなります。

 

武道の集中状態にはお腹の感覚が必要

 

わたしは武道を『先と繋がる技術』『産霊』だと学びました。

 

日常生活の中でも武道の集中は、最善の選択と行動を可能にします。

 

では実際に武道の集中状態、調和融合を體現するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

それはお腹の感覚を手に入れることです。

 

お腹の感覚を江村鍼灸院では、ハラ、和多志などと表現しています。

 

そしてお腹の感覚を使えるように直観力トレーニングで指導しています。

 

まずはお腹の感覚を感じてください。

 

お腹の感覚は直観力トレーニングで體験、體感してもらうことができます。

 

武道の集中状態、調和融合を體現したい方は直観力トレーニングにお越しください。

 

お待ちしています。

 

このブログは健康と武道そして生活を最適化する方法について書いています。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

江村拝


江村鍼灸院ホームページ

呼吸を再起動する鍼灸院

 

江村鍼灸YouTubeチャンネル

江村鍼灸院 - YouTube

 

江村鍼灸Twitter

江村鍼灸院 (@emurask0417) on Twitter